投資銀行・不動産金融・投資ファンドの転職支援 kotora
企業情報
シーヴィーシ・アジア・パシフィック・ジャパン・リミテッド HOME > 企業情報(シーヴィーシ・アジア・パシフィック・ジャパン・リミテッド)
基本情報
カテゴリー 外資/独立
社名 シーヴィーシ・アジア・パシフィック・ジャパン・リミテッド
英語社名 CVC Capital Partners
プロフィール シティグループのVC部門を出自とするPEファンド、CVCキャピタル・パートナーズの日本法人。日本を含むアジア太平洋地域および欧州で総額、約419億米ドル(約3.4兆円)の運用を行っており、現在までに300社を超える投資実績を有する。欧州では、1981年以降で総額351億米ドル(約2.8兆円)以上のファンドを運営しており、欧州における最大規模の資金を運用する、最も歴史の古い投資会社のひとつ。日本を含むアジア太平洋地域においては、1999年に香港で「CVC Asia Pacific Limited」を設立して以降、数多くのマネジメント・バイアウトをサポートしている。現在、アジア太平洋地域では最大規模となる総額約4000億円以上のファンドを運用しており、潤沢な資金を背景に日本、中国をはじめアジア各国において、投資・経営支援を進めている。

日本では、SBIホールディングスからの信和(建築用足場メーカー)株式買収、テクノプロ(技術系総合人材サービス企業)グループのMBOのほか、すかいらーく、タワーレコード、ミスター・ミニットなどへの投資実績がある。2018年2月現在では、「おそうじ本舗」などの各種FCサービスや介護サービスを展開するHITOWAホールディングス、丸紅系通信サービス大手のアルテリア・ネットワークスなどへ投資している。
設立 2003年
株主
代表者 代表取締役社長 パートナー 赤池敦史
代表者略歴 東京大学大学院を修了後、米国PwCに入社。その後マッキンゼーにて経営コンサルティングに従事。2002年にアドバンテッジ・パートナーズに参画した後は、数々のディールを担当してシニアパートナーにも就任。2015年にCVCアジア・パシフィック・ジャパンに参画、現職に就任。
所在地 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング32F
URL http://www.cvc.com/
社員数
関係会社
備考 英投資会社のCVCキャピタルパートナーズは、アジア・太平洋地域の企業を対象とする19億7500万ドル(約2080億円)の買収ファンド(基金)を設立した。同地域に特化したファンドとして過去最大級。日本には3割程度を振り向け、大企業の1事業部門の買収や、経営陣らとともに親会社の株を買い取るMBOに取り組む。
投資情報
投資カテゴリー バイアウト
運用額 @「玄海キャピタルファンドワン」。ファンドの資産規模は約200億円。06年7月。

A「玄海キャピタルファンド2」。ファンドの資産規模は約500億円。07年9月。
投資家 N.A
企業投資先 株式会社ユニディオコーポレーション(HPより)  九州のデベロッパーを中心に4〜5社、計約50億円を投資。07年1月24日(日経金融新聞)                 
不動産投資先 「開発型」投資        北九州小倉北区のオフィスビル「KMMビル」を50億円程度で取得。08年3月13日(日経新聞)
郊外型商業施設のショッピングセンターuto(熊本県宇土市)を買収。08年8月1日(日経新聞) 
その他 2006年11月に福岡県糟屋郡宇美町にて、米系投資家との共同事業としてマルチテナント式大型物流センター開発プロジェクトに着手。

これらの情報は、各社HP、日本経済新聞、ビジネス誌(週刊ダイヤモンド等)、中小企業基盤整備機構HP、和田勉氏著書、各種報告書を参考にしています。 そのため、各社の情報のすべてを記載できていないことをお断りさせていただきます。内容については極力正確を期すように最大限の努力を払っていますが,本ホームページを参照することにより生じた不利益,損害等については一切責任を負いかねますので,ご了承下さい。 また、掲載のデータは不変のものではなく、予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
投資ファンド情報
フリーキーワードで探す
系列
国内系 外資系
証券 銀行
商社 生損保
事業会社 政府系
独立 その他

投資カテゴリー
バイアウト 再生企業
ベンチャー 不動産
債権 区別無し

 

投資ファンド業界情報 満載のメルマガ 金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】 プライバシーマーク

 
copyright(c)kotora all rights reserved会社概要お問い合わせサイトマップ