投資銀行・不動産金融・投資ファンドの転職支援 kotora

投資ファンドを研究する人のための情報サイト - プライベートエクイティ.jp

(提供:金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】

プラベートエクイティ編

  投資ファンド業界情報TOP > プライベートエクイティ編 > 事業計画の骨格

第13回 PEファンドの実務〜事業計画の骨格〜

CVC Asia Pacific シニアエグゼクティブ/東洋学園大学客員教授 −添田 眞峰


事業計画の骨格

前回は事業計画の意義について説明した。
今回は 「事業計画の骨格」 について説明する。


【事業計画の骨格】

<事業計画の組み立て>
事業計画の骨格は、
1.事業の構想、
2.事業内容、
3.環境の認識、
4.戦略の提示、
5.実行計画
からなるが、上に述べた論理性の要請に従って、より細目に
書くべきことを展開すると以下のようになる。

(1).事業の構想
・事業の構想
・事業構想に至る背景

(2).事業内容
・技術、生産、サービスの概要
・目標とする市場と顧客
・経営者、経営陣の略歴

(3).環境認識
・マクロの環境
 a.市場規模と今後の見通し
 b.市場における需要動向
 c.技術、サービスの動向
・ミクロの市場環境
・競合技術、製品、サービス、と自社のポジショニング
・競合企業の動向と自社のポジショニング

(4).事業戦略
・ビジネスモデル
・製品サービス開発戦略
・マーケティング戦略

(5).事業実行計画
・設備投資計画
・資金調達計画
・損益計画
 a.全体計画
 b.部門別製品サービス別計画
・キャッシュフロー計画
・予想貸借対照表
・エグジットの計画

<事業計画を巡る現場>
投資ファンドは魅力的な事業計画を探して市場を駆け巡っている。
最も好ましい投資案件は、事業計画が既にありこれにコミットする
経営者や起業家がいる案件である。

欧米の成熟したPE市場では、多くの出来上がった案件を、
経営者や起業家が市場で持ちまわり、あるいは投資銀行や
コンサルタント等の仲介機関を通して資本を求めている。

新規に事業を起こすベンチャー企業だけでなく、経営者が確立した
事業の買収を計画し、あるいは業績不振の事業を抜本的に
再編するために経営者が資本を求めることも多い。

投資ファンドは事業価値の上がる事業を発掘し、事業計画を
起業家や経営者に書かせて、経営者や起業家の計画へのコミットを
取り付けることが仕事である。

事業計画が持ち込まれれば、投資ファンドはもっと魅力ある、
アグレッシブな計画が書けないかと経営者に要求し、
経営者は面白みのある計画への対価を交渉するのである。

経営者が持ち込んだ投資機会が競合入札になると、入札価格
や案件のマンデー確保を巡り、経営者と投資ファンドの利害は
鋭く対峙することがある。

経営者は何とか自らの危険負担を少なくしながら事業を買収し、
成功報酬の機会を得ようと考える。

一方、投資ファンドは、案件は欲しいが、期待利回りを合理的に
投資委員会に説明できる価格でなければならない。
そのために、経営者にさらにアグレッシブな事業計画を求め、
計画に経営者の資金負担と業務執行のコミットを求めるのである。

日本のPEの現状は、事業計画を巡っては未だ欧米市場とは
趣が異なる。

一時期ITブームに沸いた時期に、ITベンチャーが雨後の竹の子の
ように設立され、投資ファンドや事業投資家などに欧米の
市場に倣い事業計画を売り込んだ時期があった。

しかし、そこでは、事業計画の絵はあっても、これにコミットする
本当の意味での起業家が限られ、一方、投資に習熟して妥当な
コミットメントを交渉する投資ファンドも少なかったために、
ITベンチャーのバブルはあっという間に崩壊し、健全な投資慣行
は育たなかったのである。

今回は 「事業計画の骨格」 について説明した。
次回は企業価値とレバレッジについて説明する。




●ご注意●
この講座は、著書「プライベートエクィティ投資」の要約を掲載 していますので、
無断転載はご遠慮ください。


投資ファンド情報
フリーキーワードで探す
系列
国内系 外資系
証券 銀行
商社 生損保
事業会社 政府系
独立 その他

投資カテゴリー
バイアウト 再生企業
ベンチャー 不動産
債権 区別無し

 

投資ファンド業界情報 満載のメルマガ 金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】 金融セミナー検索サイト セミナーサーチ 大学院生、理系大学生のための就職・就活情報サイト「コトラミ」 ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト「コトラプレス」





  copyright(c)kotora all rights reserved会社概要お問い合わせサイトマップ