投資銀行・不動産金融・投資ファンドの転職支援 kotora

投資ファンドを研究する人のための情報サイト - プライベートエクイティ.jp

(提供:金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】

プラベートエクイティ編

  投資ファンド業界情報TOP > プライベートエクイティ編 > デューデリジェンスの費用対効果

第7回 PEファンドの実務〜デューデリジェンスの費用対効果〜

CVC Asia Pacific シニアエグゼクティブ/東洋学園大学客員教授 −添田 眞峰


デューデリジェンスの費用対効果

前回はデューデリジェンスの手順について説明した。
今回は 「デューデリジェンスの費用対効果」 について説明する。


【デューデリジェンスの費用対効果】

実践的な観点から最も重要な点はDD(デューデリジェンス)のコスト
と効果を考慮したうえでのプロセス管理である。

1.投資条件の優先権が確保できていない段階でどの程度のコスト
をかけるか
2.限られた時間と予算の中で何を集中的に調査する必要があるか
3.そのためにどのような体制でDDに臨むか
などの視点でDDのプロセスを考える必要がある。

初期条件として考慮すべき点はDDの費用を負担しても取引を前に
進めるだけの価値や魅力がその案件にあるか否かの判断である。

多くの場合、事業の魅力に確信が持てずリスクレベルについて一定の
心象形成ができない投資案件を深追いすることは、結果的に時間の
無駄になる。案件の潜在的な価値を理解した上で、しかしそれでも
限られた時間と予算の中で何を集中し調べるかを決めるのである。

詳細な法務DDや会計DDは優先交渉権を取得後に実施し、優先交渉権
取得前のDDは投資対象の潜在価値評価に関連する重要事項に絞りDD
を行うべきである。

時には、他の入札者と競業の状況の中で、売り手側は取引の実現性を
担保するために優先交渉権を与える以前に相当量の情報開示を行うと
共に、買い手側にDDを完了の後取引条件の詳細かつ明確な提示を求める
ことがある。

このような取引では、応札者は入札に敗退すれば高額のDDコストを負担
しなければならないので、売り手から見れば取引に対する真剣度を
買い手に踏み絵させることにもなる。

買い手は投資対象の潜在的な価値や魅力を直感的に判断しながらDDの
コストと効果を比較考量しつつ、何を、どのような体制で調べるかを
決めなければならない。

今回は 「デューデリジェンスの費用対効果」 について説明した。
次回はビジネスデューデリジェンスについて説明する。

 

●ご注意●
この講座は、著書「プライベートエクィティ投資」の要約を掲載 していますので、
無断転載はご遠慮ください。


投資ファンド情報
フリーキーワードで探す
系列
国内系 外資系
証券 銀行
商社 生損保
事業会社 政府系
独立 その他

投資カテゴリー
バイアウト 再生企業
ベンチャー 不動産
債権 区別無し

 

投資ファンド業界情報 満載のメルマガ 金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】 金融セミナー検索サイト セミナーサーチ 大学院生、理系大学生のための就職・就活情報サイト「コトラミ」 ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト「コトラプレス」





  copyright(c)kotora all rights reserved会社概要お問い合わせサイトマップ