投資銀行・不動産金融・投資ファンドの転職支援 kotora

投資ファンドを研究する人のための情報サイト - プライベートエクイティ.jp

(提供:金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】

プラベートエクイティ編

  投資ファンド業界情報TOP > プライベートエクイティ編 > プライベートエクイティとは

第1回 プライベートエクィティとは

CVC Asia Pacific シニアエグゼクティブ/東洋学園大学客員教授 −添田 眞峰



プライベートエクイティとは

ファンド投資基礎 プライベートエクイティ編 第1回ということで、
まずは 「プライベートエクイティとは」 について説明する。


【プライベートエクイティとは】

プライベートエクイティとは市場型の運営に適応できない企業や、
市場がまだ受け入れられないような事業を市場とは異なる視点を
持ってファイナンスする資本である。

投資に当たっては、市場型株式会社の運営と異なるパートナーシッ
プ的な意思決定原理を採用し、経営に直接関与することにより、
市場に受け入れられない企業や市場型の運営になじまない企業の
価値創造の一助を担うものである。

プライベートエクイティとは、広義には株式の未公開会社(または
事業)に関する投資すべてを含む概念であり企業のステージによって
いくつかのタイプに分かれる。

具体的には
(1)創業期の会社や事業に投資する「ベンチャーキャピタル」
(2)成熟期以降の会社や事業に投資する「バイアウト投資」
(3)経営不振会社に投資する「企業再生投資」
(4)破綻企業に投資する「ディストレス投資」
の4つのタイプがある。

この4つのタイプの中でも、ファンドの個性によっていくつかに
分類できる。

例えば、ベンチャーキャピタルは、投資対象事業の発展段階により、
シーズ、スタートアップ、アーリーステージ、レイトステージ等に
分かれるが、投資戦術の違いから、
 ・業種を絞り込んだスペシャリストファンド
 ・全般的な業種をカバーするジェネラルファンドなど
に分類できる。

近代的な投資手法における未公開企業投資は、ベンチャーキャピタル
に始まり、バイアウトに展開し、さらに多様なアセットクラスに投資する
PEという概念を誕生させた。

確かに創業期の会社と成長期や成熟期以降の会社では、リスクの構造
も会社が抱える課題も異なり、管理の手法もそれに応じて異なるが、
 ・未公開企業への投資
 ・投資の価値を創造するインセンティブとコミットメントの原理
 ・資本を集めるファンドの原理
の共通の特色を捉えて、広義に、未公開事業に対する投資をPE投資と
呼ぶようになったのである。

これに対し、狭義のPE投資とは、成熟期以降の未公開会社株式投資や
事業投資、すなわち、上記の(2)バイアウト投資、(3)企業再生投資
を指す。

中でも、成熟期の未公開会社株式に、経営権を取得できる株式比率
以上で投資する手法をバイアウト投資と呼ぶ。
バイアウトは一般に株式比率51%以上の取得を目指すが、支配権を
確立するために2/3以上の株式取得を選好する投資ファンドもある。

このバイアウト投資手法も市場の変化に対応して投資対象や投資基準を
変化させ、現在ではいくつかの類型を生み出している。

今回は 「プライベートエクイティとは」 について説明した。
次回はその類型を紹介する。

 

●ご注意●
この講座は、著書「プライベートエクィティ投資」の要約を掲載 していますので、
無断転載はご遠慮ください。


投資ファンド情報
フリーキーワードで探す
系列
国内系 外資系
証券 銀行
商社 生損保
事業会社 政府系
独立 その他

投資カテゴリー
バイアウト 再生企業
ベンチャー 不動産
債権 区別無し

 

投資ファンド業界情報 満載のメルマガ 金融の転職、経営/コンサルの転職をサポート【株式会社コトラ】 金融セミナー検索サイト セミナーサーチ 大学院生、理系大学生のための就職・就活情報サイト「コトラミ」 ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト「コトラプレス」





  copyright(c)kotora all rights reserved会社概要お問い合わせサイトマップ